定例会議


 

平成30117()に定例会議を行いました。

 

 法人の活動は、「多様な人とのかかわりの中で 豊かな選択肢を持って、自分らしく生きていける地域社会づくり」を目指して様々な事業に取り組んでいます。

 

 これを目指す上で法人が捉えている課題として、一つはノーマルな人をベースにつくられた社会の中で、それぞれに生きづらさを感じている人がより豊かな選択肢を持てるような支援の在り方を、どのように考えていくかということにあります。私たちはこれに対して、学校教育から社会教育、福祉など様々な分野での「学び」に関する取り組みを通して、困難を抱えている方の生きづらさをなくし、より多くの選択肢を持ちながら自分らしく生きていけるよう支援をしていきたいと考えています。

 

 一方で、このような生きづらさを抱えた人を含んだ多様な人たちが、お互いの在り方を尊重し認め合いながら共生していけるようになるためには、地域社会にどのような支援が必要かということも大きな課題です。人それぞれに感じ方や価値観が違うとき、それを互いに尊重し認め合うことは容易いことではありません。気心が知れていない人との関わりは、不安が伴い、時にはなかなか心を通わすことができずに煩わしさも伴います。しかし、そうした壁を越え様々な人と関わりを持つことで、今まで見たことのない景色を知り、聞いたことのない声を聴き、感じたことのない感覚を味わうことを体感しながら、自分自身が豊かになっていることを私たちは知っています。「地域に開かれた学びの場」として地域で暮らす人たちがこれらを体感できる機会を創り、一人ひとりが自分らしく生きられる共生社会をここから実現していきたいと、私たちは考えています。

 

 このような法人の思いを各事業を通して地域住民の方々にどのように伝えたらよいのか、またどのような段階を経て各事業を実施していく必要があるのか、多角的な観点で話し合いました。どれもこれも簡単に決まるものではなく、メンバー間で悩み考え、意見を出し合い進めていくものなので、すぐに道は開けません。しかし、今検討しているこの時間は、きっとこれからの糧になるはずと信じて前に進んでいきます。

 

 

 

 直近の活動は、私たちの取り組みの認知度を高めるために、2/12(月・祝)ココネリホールで開催される「練馬つながるフェスタ2018」に参加します。

 

 当日は、輪になってみんなで太鼓を叩くワークショップ『みんなであつまれ!ドラムサークル』を行います。開催する13301530の時間帯に15分程度の演奏を繰り返します。

 

子どもや年配の方、障がいのある方もない方も、音楽を通してつながっていく一体感を感じながら自由に楽しんでいただけたらと思います!

 

※「練馬つながるフェスタ2018」とは

 

練馬つながるフェスタ実行委員会と練馬区が主催するイベントで、地域で様々な活動に取組む町会・自治会やNPO、ボランティア団体等が多数参加。日頃の活動を紹介し、団体間の交流を深めるイベントです。

 

詳細はこちら

 

http://www.city.nerima.tokyo.jp/…/chii…/tunafes/tunafes.html

 

「練馬つながるフェスタ2018」開催まで残り2週間ほど。

 

一致団結して頑張るぞ! エイ!エイ!オー!